生きているうちに行う遺品整理

高齢化が進む中、最近よく耳にする遺品整理という言葉ですが、様々な思いが詰まった品物を、どのように整理していくのか、もしかしたら一見必要のないようなものでも故人の深い思いが詰まった品物かもしれない、自分の子供や孫にまで残してあげたいと思うものでも、もしかしたら案外必要のないものかもしれない。
本当に大切なものを処分してしまった、必要ないものを整理できない、このような後悔をしないためにも、健在なうちに両親や祖父母の住まいの整理を行うことも親孝行の一つではないでしょうか。
いまこのようなことを行ってくださる企業も増えております。
本当に大切なものをしっかりと後世に残せるようにしっかりとコミュニケーションをとることが重要です。
遺品整理という言葉は難しい表現かもしれませんが、もしかしたらご両親の深い愛情に気が付くいい機会になるかもしれません。
またしっかりとコミュニケーションをとることで親子の信頼関係もさらに深まるかもしれません。
季節は冬から春になり、春は暖かくもなってきますので、お部屋の掃除やお住まいの整理を行うにはいい季節です。
また新たな気持ちで春を迎えるためにも、このような考え方もいいのではないかと思います。

遺品整理を業者に依頼することのメリットとは

もし大事な身内の方が無くなってしまった場合、親族として遺品の整理にも立ち会わなくてはいけない状況になります。
しかし、中には、故人が遠方に住んでいて、なかなか遺品の整理をする時間が取れなかったり、故人が賃貸物件の場合はすぐに退去する必要があって自分だけでは整理しきれなかったり、精神的に遺品と向き合う余裕がなかったりといったケースがあります。
そのような場合は、遺品整理業者に依頼するという方法があります。
遺品整理業者については、故人とは直接つながりのない第三者ですから、身内が行うよりもスピィーディーに整理を行うことができるというメリットがあります。
また、ただスピィーディーに作業を進めるだけではなく、当然故人やその親族にも配慮して作業を行っていくので、安心して依頼することができます。
特に故人が賃貸物件に住んでいた場合、退去するに当たっては原状回復義務というものが生じてきますから、遺品整理だけではなく、お部屋の清掃に関しても行う義務が生じてきます。
そこで、業者に依頼すれば、遺品の整理だけではなく、お部屋の掃除も行ってくれるので、お部屋をきれいな状態にして大家に返すことができるというメリットもあります。

Favorite

中国語教室を神田でお探しの方はご相談ください

中国語教室 神田

安心、納得の振袖選び。小物のアドバイスももらえます。

振袖をレンタルで利用可能な神戸の呉服店

最終更新日:2018/8/3

『遺品整理』 最新ツイート

@MasatonnCom

18歳 バーの店長就任 19歳 FCの弁当屋で独立 20歳 会社立ち上げ! 21歳 遺品整理業をやってみる。 22歳 廃品回収業開始。 26歳 民泊開始 27最 倒産で自己破産 無職主夫になる。 気… https://t.co/h1gIjqIWKX

42秒前 - 2018年11月17日


@ihin04510

桃太郎侍で有名なあの高橋秀樹さんも終活の”断捨離”として家具などを4tトラックで8台分も処分されたのは有名な話。遺品整理士が終活についてお答えします。 https://t.co/INMLMtXhyC

56秒前 - 2018年11月17日


@1025poko

生前遺品整理をした時期があった。 フィギュアとはおもちゃをまんだらけに売却。 写真集など200冊位を売却。 やはり、身体は分かっていたんだな。癌で死ぬって。 だから、そうする様に身体が動いたんだな。

2分前 - 2018年11月17日